にこのおたく日記。

推しのためになることをしたいと思ふおたく。

Travis Japanに初めて会った日

 

 

皆さん、おひさしぶりです🧚🏻‍♂️

 

にこです🌟

 

 

わたしは先日3月30日に、

Travis Japan Live tour 2021 IMAGE NATION〜全国ツアーしちゃってもいいですかっ!?〜」の大阪公演に行かせていただきました❣️

f:id:nico089:20210331182308j:image

 

感想としては、

 

いやぁ〜、松倉くんを始め、Travis Japanかっけぇ〜❗️❗️

(いや、いつも通りなのよ、それ。テレビの時でもそれ言うてるんよ。)

 

それから家に帰ってきて、どうだったかを思い出そうとしても、なんとこれがなかなか思い出せない。

まぁ、ライブってそういうもんなのかな、、と思いつつ。

Twitterのレポを見つつ、わたしの席から見えたもので覚えているものを加え、記録しておこうと思ったわけです✌️

(ナイスアイディアでしょ、これは)

 

 

目次

 

1.Travis Japan Live tour 2021 IMAGE NATION〜全国ツアーしちゃってもいいですかっ!?〜のコンセプト

まず、今回のコンサートのコンセプトは、

 

トラジャの創造する想像国家

 

松倉:「IMAGE NATION」というタイトルにもあるように、テーマは"想像国家"。メンバーがひとりずつプロデュースを担当する7つの国があるんです。それぞれ個性が出ているので、どんな化学反応がおこるのかを楽しんでほしいです。

川島:セットリストも7つの国に分かれていてね。

松倉:うん。世界線がわかりやすくなっていると思います。

(引用元:宝島社「CHEER」2021年4月1日発売)

 

この雑誌に松倉くんが全体の世界観考えてくれたって書いてあって、ホント松倉くんすごいぜ、、って思わされました。

一人一人のスキルがすごすぎる。配信でやったサマパラの経験を経て、自分自身が表現したいものを形にすることが出来てる。確実に1つ1つのバラエティや、ドキュメンタリーがトラジャを成長させていると思うとファンは嬉しいでっせ、、、😭

 

2.Travis Japanメンバーそれぞれの国の設定

先程の引用した文章にもあったように7つの国に分かれて、それぞれの国をメンバーがプロデュースしています。

 

それぞれの国の内訳は、

 

宮近海斗:Passion(情熱の国)

七五三掛龍也:Love(愛情の国)

中村海人:Nature(自然の国)

松田元:Moon(月の国)

吉澤閑也:Smile(笑顔の国)

松倉海斗:Shine(太陽の国)

川島如恵留:Innocent(美の国)

 

となっております。

ここで松松エピソードが1つ。

元太くんがMoonにすると決めた時、松倉くんは元太と対照的なものにしたい(これぞシンメって感じするよね)と思ったらしく、Shineにすることを決めたようです。

 

エモ〜!!!

(でかいのよ声が)

 

3.当日参戦させてもらった席

これは入れんくても良かったんだけど、自分の備忘録のためって言うのと、徳を積むことの大事さが分かったので記録しておこうって感じです()

座席、、なんと、

 

 

1階10列!!

 

、、え?わたしの徳積み期間が功を奏したのでしょうか??こんないい席初めてすぎたよ??

肉眼でTravis Japanが見える世界、、。想像してなかったよ、、、?

どのくらい近いかが公式のホームページでの写真がこちら、、!

 

f:id:nico089:20210401134534j:image

 

いやこの2列後ろだけどめちゃくちゃ近い、!!(粗品さんのポーズ)

改めてめちゃくちゃいい席で見させてもらったなと思わされますな、、、🥲

 

次はやっとレポですよ!!(もうほぼ覚えてないけどね!)

 

4.3月30日大阪夜公演のライブレポ

 

では早速セトリ順にできる限りのレポを書いていきます。

 

1.VOLCANO(Travis Japan

 最初の登場が机に乗って登場って感じだったんだけど、机にはメンバーカラーの王冠がランプみたいな感じで置かれていた。

 7つの机を円にして、その真ん中に360度カメラを配置して、それぞれのソロのときに映すって感じ。

サビは椅子に座りながらギラギラのVOLCANO🎶してて、「その状態から出来るんすか!?」って驚いた記憶あり。

 最後のサビは机から離れて、前で7人で踊ってた。

 最初のメンバーの位置としては、

f:id:nico089:20210402154216j:image

こんな感じだったらしい(らしい)

(わたしの記憶ではちゃかまちゅしか覚えてないです)

 

2.獣と薔薇(Hey! Say! JUMP

残念ながらほぼ獣と薔薇の記憶がない()

後ろに一直線にオープニングの机があって、最初前で踊っていて、最後に机に飛び乗り、メンバーカラーのフラッグを取ったような記憶がある。(これまた曖昧)

めちゃくちゃにかっこよかったような記憶もある。

 

3.YES! I SCREAM(Kis-My-Ft2

獣と薔薇で最後に取ったフラッグを持って、2階に上がった記憶あり。

そこから縦1列でYIS。

最初の掛け声↓

松田「愛し合おうぜ〜!」

松倉「まいどおおきに〜!!」

松松で最後の方の「YES,I SCREAM🎶」もやってた。(少クラでやっていた振りとほぼ同じ)

 

〜ここまで銀色のスパンコール付いている感じの衣装(しめまるでしめまちゅで自撮りしていたときの衣装)〜

 

4.Happy Groovy〈ジャズver.〉(Travis Japan

 この曲の前に閑也さんがフラッグのお片付け、かつ、少し踊るみたいな場面あり。

お片付け後、上から最初に歌うしめちゃんが出てくる。そこから基本的には虎者の時のハピグルと同じ感じ。

ただ、生で見たジャズver.のハピグルは静と動がハッキリしてて、圧倒された、、。

 

5.INTERACTIONAL(堂本光一

メンバーそれぞれが箱に入って踊るという演出。

 

6.Last Dance(Hey! Say! JUMP)〈Moon:松田元太〉

これも凄く曖昧やけど、たぶん白シャツとかやった気がする。とりあえずこの曲はめちゃくちゃいい所でわたしの目にスポットライトが直接当たったので顔がほぼ見えなかった()

スポットライトの色は水色っぽい感じだったね、、、(直接浴びた人の全くいらない感想)

モニターに映るげんげんはめちゃくちゃ綺麗でした()

落ちサビあたりがアカペラで歌ってた記憶あり。

 

〜ここまで黒のカッコイイ衣装〜

 

7.手と手(松倉海斗)〈Shine:松倉海斗〉

来ました。松倉くんのソロ。

みんなに聞くと、0ズレとやらで松倉くんを見たらしく。()

通路の先の目の前の舞台で松倉くんが、赤いアコースティックギターちゃんを使って歌っておりました。その時の松倉くんの血管よ、、、

 

男〜男〜男〜!ハイッ!1and 2and 3!ハイッ!

(男never give upを歌わせて貰いましたけども)

 

あと、1番はまちゅパラで披露してくれたじゃん?今回のライブ、2番ありました。メンバーみんなで歌うのよ。エモいかよ〜!!

歌詞あんまり覚えてないんだけど、ホントに松倉海斗が紡いだ詞がストンって心に入ってきて、「〜かな?」って歌詞のとき頭めちゃくちゃ頷いちゃった、、

 

9.アオゾラペダル

この歌は歌う順番にみんなが横一列に並んで、ファンも歌ってる人のメンバーカラーにペンライトの色を変えることをしたんよ。

あと、わたしは、他の公演のレポでも松倉くんの「あぁ明日を眩しいくらいに」芸が面白いって聞いてたのでめちゃくちゃ楽しみにしてたんだけど、わたしの公演は

松倉「みなさん、ビリケンさんって知ってますか?足の裏を擦るとご利益あるって言われてる、、、それじゃあ、僕の足の裏擦って下さい(ファンの皆はペンラを振る)くすぐったぁぁあ明日を眩しいくらぁいに〜🎶」

 

いや、、、天才?

f:id:nico089:20210404011128j:image

 

んで、みんなが捌けてって松倉くんがアウトロを弾いてたんだけど、また松倉くんが足出すから、ペンライトでこしょこしょする真似したら、松倉くんの最後の顔がこしょばい💦って感じの顔しててめちゃくちゃ可愛くて泣けました。()

 

〜ここまでメンバーカラーの羽織ものを着た感じの衣装〜

 

10.Beat Line(Hey! Say! JUMP)〈Passion:宮近海斗

この曲の前に宮近さんが1人で喋る時があったんだけど、その時の宮近さんの言葉の

「絶対ってものはない。僕達も、また次ねって言ってあげたいけど、言えない。いつになるか分からないから。だからこの瞬間を全力で楽しんで下さい。(めちゃくちゃニュアンス)」っていうのが深すぎて涙出そうだったな(感想が浅い)

そっからの切り替えでのBeat Lineはバチバチにかっこよすぎた、、、

 

11.GET ALIVE(Travis Japan

 

 

〜少しここでひと喋り〜

 

12.Talk it ! Make it !(Travis Japan

 

13.CARNIVAL night part2(嵐)〈Smile:吉澤閑也

 

MC

MCは関ジュとの交流話がメイン。

丈くんと末澤さんをいじるお話だった笑

如恵留さん以外の6人が丈くんを囲んでボケ倒して丈くんがクルクル回転してツッコミしてくれたらしい笑

丈くんは「如恵留を見習え!!笑」って言うてたらしい笑

宮近さんは末澤さんに大阪着いた時に「大阪着いたよ〜!」ってメール送ったら、末澤さんが「俺はマネージャーか!笑」って返事が来たらしい笑

松倉くん喋りたそうにしてたけど、結局喋れなくて、如恵留さんに「松倉とか、この辺古着多いからいいんじゃない?」って振られて「SHOCKの時とかいっぱい買っちゃって、スーツケース入らなくなることあったなぁ笑」って話してて可愛かった()

んでこのあと、如恵留さんと宮近さんが準備しなきゃいけないからはけようとしたんだけど、如恵留さんがはけようとしたら閑也さんが「え!はけちゃダメだよ!」的なこと言うてて「なんでよ!」って如恵留さんが言ったら、「如恵留はまとめ役だから!」って言ってしばらく止めてたんだけど、さすがに行かなきゃいけないから行って、その後宮近さんもはけるのね。で宮近さんはたぶん松倉くんに引き止めて欲しかったんだろうけど、松倉くんは「はけるなら、同じタイミングではけてください。」ってめちゃくちゃ冷めてて笑。それを聞いた宮近さんは「え、、そんな感じなの?笑止めてくれないの笑」って感じでめちゃくちゃ悲しそうでした。はいはいちゃかまちゅ。

はけた後の話は覚えているのは、anan松倉だけないかもしれないねって言われてて、

松倉「え、、いやそれは、!ないと思いますけどね、、、」

松田「マネージャーさんよろしくお願いします!!」

って会話があった。

あとは全くおぼえてないです、たぶんノーズシャドウのこと喋ってたと思う(?)

 

14.Roling Days(櫻井翔)〈Innocent:川島如恵留〉(のえちゃか)

 

15.STAY(SMAP

 

16.Water Drop関ジャニ∞

 

17.Rain(大野智)〈Nature:中村海人

 

18.星に願いを(宮田、玉森)〈Love:七五三掛龍也〉(しめしず)

 

19.White LoveHey! Say! JUMP

 

20.夢のHollywood(Travis Japan

 

21.T∀BOO(KATーTUN)

 

22.Face Down(嵐)

 

23.The Show(Travis Japan)←新曲

 

アンコール

1.Unique Tiger

 

2.Lock Lock

Drop it !」ガチャは松倉くん。

松倉「どろっぴぃ!!!」

元太「ナイスどろっぴぃ!!!」

宮近「まつくどろっぴぃ!!!」

松倉くんがいつも側転してるところはこの公演ではキックしててめちゃくちゃかっこよかった、、、

 

という訳で!長らくレポしましたが!以上わたしの松倉くんしか見えてないレポでした!!

読んでくれた人ありがとう❣️

 

 

 

nico.

 

 

 

 

 

Jr大賞って難しい。

どうもみんなに笑顔を届けたい❣️

ニコです。

(この先の話めっちゃ重いのにこんなこと言うな、、←)

 

つい先日、第27回Jr大賞の結果が出たわけですが。

 

シンプルに嬉しいこともあれば、心苦しくなることもある。

 

それがJr大賞という存在ですよね。

(なめらかに語ってますがこの女、2回しか参加してません。)

 

そこで、わたしは

 

「あなたが選ぶJr大賞」をどのいう気持ちで見るか。

 

ということについて少し考えてみたわけです。

 

 Jr大賞はルールとして、1人1票というルールがある、みたいなことを言ってるけど、住所を借りたり、親の名前を借りたりして何票も投票するなんてことはざらにある世界だなと私は思ってます。

(私が思っているだけで純粋にJr大賞を楽しめるオタクもいると思う。)

 

 そんなにルールがゆるゆるの大賞。部門ごとに正確な結果が出るとは、わたしは微塵も思っておりません。

(口悪くしていうと、オタクの財力、人脈対決みたいなことになってるやないかと思ってたりする)

 

実際、ここだけの話ですが、

(わたしへ、公開してますよ、)

Jr大賞の締め切り後に、岩崎大昇くんや、井上瑞稀くんの歌声を聞いて、

 

「いや、こんなにJrにまだまだ逸材がいるんですか!?」

 

と思ってしまったくらい。

 

まぁ、ここまでの話をまとめて言いたいことは、

 

「どんなにある人が大賞の部門に適していてもその人を知らなければ書けない」

 

ってことです。

だから一概に

「ちゃんと適してる人書きなよ」

とか

「なんでこの人なの?」

とかって言えないのかなって思ってて。

 

ある人(ファン)にとっては「弟になって欲しい」人がその人しか思い浮かばなければ、その人を書くだろうし、知らない分選択肢は狭まって、そのグループの人だけしか書けない、、とかもあるのかなって。

 

だからこの投票は難しいなぁって思わされる。

 

私たちそれぞれの基準での決め方だから、自分自身の年齢によってどの子をお兄さんにしたいかや、弟にしたいかは変わってくるよなぁとも思ったり。

ちなみに私の中での弟は嶋﨑斗亜ちゃん一択です。

斗亜ちゃんいつも可愛いね!お菓子あげるよ!(斗亜ちゃん逃げて)

 

だから、これだけは心の片隅で思っていて欲しい。

 

 

自分だけの「ものさし」で他人をはからないこと。

 

って言ってるわたしも、これが「ものさし」ではかっちゃってると言えるのかもしれないけれど。笑

意味ないじゃんね、、

 

ちなみに!!

正確性を求めるなら、もうひとつ。素晴らしい大賞がこのMyojoには存在します。

それは、

 

Jrが選ぶJr大賞

 

これが、1番正確なのよ!!

そばに居るからこそ、見ているからこそわかる。そんな世界線やばいのよ。

妙にリアルだなって思わされるやつ。笑

みんな、、小声で言うけど、Jrが選ぶJr大賞の「キスしてみたい」部門の4位見て、、()

たぶんK島とか入れてる気がするから、、(K島はあとで体育館裏集合でよろしく←)

 

という訳で!

今回わたしがJr大賞に関してふと思ったことでした。

 

次回予告!

「モンペをやめたい」

 

.